スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術回避


今日、大学病院に行ってきた。
待合室は結構混んでいて、奥では色んな鳴き声が・・・
ちょっと不安そう??なおでん
画像 078

診察室では、いつも通り大喜び♪

触診とレントゲンの結果・・・
◎膝はゆるいが、おでん自身痛みを感じていない様子。
 (↑二本足で立ったり、自発的に足に力を入れられるので)
◎左右のモモの筋肉は同じ位発達しているので、左足を使っていない訳ではない。
◎今の状態で手術をしても、筋肉が一時的に落ちるし、再発の可能性が高い。
◎あえて今より運動を増やして、筋肉を維持した方が良いと思う。
◎痛がらなければ、走らせてもいいです。(ジャンプや階段はダメ)

との診断でした。

何年も悩んだり調べたりで、手術する気満々だった私は
『え~!こんなスキップ歩きでも走らせていいの~!?
ちゃんと説明伝わってんのかなぁ!?』
と内心思っていました・・・。

予想外の診断と、「え!?これでこの先どうしたらいいんだ?」と考えが追いつかない
『手術しない事』について丁寧に説明してくれるのですが、
頭の中がグルグルグル~となって貧血起こしました
(ちゃんとその後、色々質問しました★)

大学病院だから、たくさんの症例を診ているよなぁ~・・・
自分が考えすぎて頭が堅くなっているのかも?
と思って、今日の診断を信じてみる事にします。
スポンサーサイト

膝蓋骨脱臼


おてんば娘おでん、6歳8ヶ月にして手術を考え中198
1歳から膝蓋骨脱臼を発症して、かかりつけ病院が温存療法派だった事と、
私自身もなるべく手術は避けたいと思っていたので、
サプリメントと運動制限で過ごしてきました。
が~・・・・201
でもねぇー…、あの性格・・・(-_-)
運動制限にも限界を感じ・・・・
お友達が膝の手術した話を聞いたのと、
普段のお散歩中の跛行(スキップみたいにビッコになる)が酷くて、
おでんに我慢ばかりさせている事が可哀想になってしまった。
画像 069
「お散歩中のマキちゃんは、”おでん、もっとゆっくり歩いて!!”って怖い。」

そして少しでも普通に歩ける可能性があるなら、手術したいと思うようになりました。
かかりつけの病院に大学病院を紹介してもらったので、
明日検査しに行ってきます。

他に異常がなければ手術できると思うんだけど・・・
もう5年経ってしまっているので、どういう診断が出るのか心配だけど。

| おでんの部屋ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。